スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り言⒊

 去年から犬を飼っている。3年前、18年飼っていた犬を送ってからもう、二度と犬を飼わないつもりだったが、犬のいない生活がやはり寂rしくて、もう一度飼う決心をした。そのとき何故かボーダーコリーという犬種が頭に浮かんだ。大変賢い犬種だがかなりの運動量もいるので50歳も半ばを過ぎてからでは大変かもしれないと思いつつ、ペットショップで仔犬を買った。今はもう成犬になってホントに元気で連れて歩くだけでもいい運動になる。そして多くの犬友さん達とも知り合えてやっぱり飼って良かったと思っている。
スポンサーサイト

独り言2

独り言2

長い間、少林寺憲法の指導を手伝ってきた私が最近感じる事は最近の子供は全身の力を使うということが苦手、というよりできない。 多分、小さい頃に友達同士で相撲をとったり、プロレスごっこに汗を流したりしてこなかったのではないだろうか。また、親の手伝いで重い荷物を持ったりしたことなどもないのかも知れない。大抵は兄弟も少なく、兄弟喧嘩で悔しい思いをした、などという記憶はないないだろう。体の芯に力が入らないと言うことは体の力を集中できないことであり、精神力も集中できないことになる。丹田に力を入れると言う事がイメージできない。説明しても理解できない。技を形で覚えるだけで本質が伝わらない焦ったさを感じる。肝の座った人間を作ることが将来の日本を支えるのに役立つのだろうと思うのだけれど、力を出し切れない子供達をみていると自分がこの子供達にどれだけ伝えられるのかが不安になる。

独り言

最近では ちょっと具合が悪くなって病院へ行き検査を受けた結果、それがたとえ癌だとしても簡単に
本人に告知をするようで、いきなり告知をされた患者さんの気持ちは どうやら関係ないようだ。
知り合いなどは、いきなり末期だなどと言われて大変な落ち込みようだった。残された時間をどう
生きるかが大切であるとは思うけれど、受けいける時間が必要だろうし知らないでいたい人だって
いると思う。少し前までは、告知をするか、せざるべきかは大変な問題だっただろうに、いつから
こんなに簡単に告知が行われるようになったんだろう? 自分が元気な時はもしもの時は告知をして
欲しいなどと思っているが実際に調子が悪くなったら、、どうだろう? 人は必ず死ぬんだけれど
現実として受け入れられるか?と問われればNOだろう。50歳も半ばを過ぎた今、ホント考えてしまうよね。
プロフィール

ハーレー君

Author:ハーレー君
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。